チャレンジする喜びを知っているから
「どんな結婚式がいい?何がしたい?」って聞くんです。

10代のほとんどを、私はキッチンで過ごしました。

両親の離婚。母に代わって、父と兄のご飯を作るようになったからです。
お気に入りの音楽に合わせて歌いながら、料理をしていました。

それだけでなく、お酒を飲むと人が変わる父、機嫌が悪いと暴力を振るわれる虐待の日々…。

歌を好きになって、中学校での部活・イベント行事では人前でも歌うように。
一時期は歌手に憧れましたが、スカウト詐欺にあって結局断念。

「私なんかが希望を持ったのがそもそもの間違い。やりたいことをやれてる人なんて、そんなにいない」

投げやりな気持ちのまま3年を過ごし、すっかり諦めグセがついていた私。
変わることができたのは、ある場所との出会いから。

その場所の力を借りてネガティブ沼から抜け出して、封印してきたやりたいことと、徹底的に向き合ったのです。
諦めグセから解放された時、わきあがってきたのは、「私と関わった人が、笑顔になってくれたらいいな」という気持ち。

「じゃあ、どうやって笑顔になってもらおう?」
ムムムと考えていると、頭の中にマイクが浮かびました。

大好きだった歌だけど、歌手じゃない。ほかにマイクを使う仕事…、司会があるな。

そこから、私の司会者人生がスタートしたのです。

司会のお仕事は、私にとって希望の象徴。
「自分なんか」と諦めて、苦しんだ先でようやく見つけた、やりたいことだから。
自分がやりたいことで、喜んでくれる人がいる。

「ありがとう」と言い合える満足感を知っているからこそ、挙式・披露宴を諦めているあなたを、私の声でハッピーにしたいと思う。

オフィスライジングが、ブライダル司会・ブライダルプロデュース・2次会プロデュースを引き受けているのには、こういう理由があるのです。

すべては、あなたとパートナー、ご家族、友達、結婚式に参列してくれる皆の笑顔のために。
いっしょに楽しい時間を創りましょう。

 

 

 

オフィスライジング株式会社

代表取締役 朝日里佳